結局、芦屋さんとは連絡が付かぬまま、入院日が来てしまった。


「じゃあ、始めようか」


担当医が看護師と私に声を掛け、検査は始まる。

まずはベッドに仰向けで寝た状態から、超音波で移植された腎臓を医師が観察。


「ここにしよう」


針を刺す場所が決まったようだ。

となると、次は麻酔の注射。


「ちくっとするよ」

「はい」


短く答え、目を閉じると腰の部分に小さな痛みが走った。

そして麻酔が効いたところで生検用の特殊な針で腎臓を刺す。

組織を採る回数は毎回違くて、今日は3回刺したところで終わりの声がかかった。


「お疲れ様」


看護師さんの優しい声が不安を少しだけ和らげてくれる。


「もう少しこのままでいようね」


腎臓から出血しないように、針を刺したところを看護師さんが手で圧迫し止血してくれているのだ。


「学校の創立記念日と祝日が重なって良かったわね」


今年はちょうど連休に創立記念日が重なったため、1週間入院しても学校を休む日はたったの2日で済む。

クラスメイトよりも少し多めの連休にはなってしまうけど、看護師さんの言う通り、連休中に検査入院という形が取れてよかった。


「特に自覚症状や定期検査に問題はないのよね?」


看護師さんに言われて頷く。

でも顔色が良くないことを指摘されてしまった。


「ちゃんと眠れてる?学校、大変なの?」

「学校じゃなくて。ちょっとプライベートで色々ありまして」


止血にはまだ時間がかかりそうだったので、そう答えると、看護師さんは何度か頷いた。


「高校生だもの。色々あるわよね。でも、体に負荷のかかるような恋煩いはダメよ」


ぱちっとウインクされたことに、苦笑いでも出来たら良かったのだけど、まさか恋煩い、なんて言われると思ってなくて反応に困ってしまった。

でも、少し嬉しかった。

大病しても普通の高校生と同じような悩みがあるんだって、思ったから。

あとはこのまま問題なしの結果が出てくれたら、それでいい。

芦屋さんのことは忘れる。