日曜日。

ホワイトのシャツにミモレ丈の黒のスカート、短めソックスにローファーパンプス。

ふたりがああじゃない、こうじゃないと議論しながら選んでくれた服装で、コンベンションセンターがある駅に着いた。

会場までは徒歩2分。

収容人数がおよそ1500人とだけあって、駅から建物までは人でいっぱいだった。

受付で確認をしなきゃいけないと思って1時間も早く来たのに、人の列は建物の外側にまで及び、開演時間に間に合うのかどうか不安で、気持ちが焦る。

しかも今日はあいにくの雨。

傘を差している分、膨らんでいて、建物の入り口に入るまでが大変そうなのだ。


「早く見たい」

「本物に会えるかなー」


若い女性のテンションの高い声が耳に届いた。

それを機に辺りを見回すと、圧倒的に若い女性が多かった。

芦屋星は人気芸能人だ。

移植医療に関心があるなしに関わらず、彼をひと目見ようと足を運んで来ているのだろう。

これを皮切りに関心を持ってくれたらいいな、なんて偉そうに思ってしまったことを反省しつつ、時計を見ると、すでに20分が経過していた。


「どうしよう」


とりあえず係の人を探そう。

そう思って列から外れようと一歩踏み出した時、入り口の方が騒ついた。


「キャー!!」

「星くーん!」


黄色い歓声に、芦屋さんが出て来たことが伺えた。

私もひと目見ようと踵を上げてみるも、遠過ぎて全然見えない。

諦めて姿勢を元に戻すと、芦屋さんの大きな声が響いた。