夏休み明けの昼休み。


「如月。ちょっといいか」


佳苗と理絵の3人で昼食を取ろうとしていたところに、担任が私を呼び出した。


「なんですか?」


用件を聞いても担任は付いて来いと言うだけで、答えてくれない。

担任の背中から不穏な空気が漂う。

もしかして父に何かあったのではないか。

不安に駆られながら担任の後に続き、職員室に入った。


「失礼します」


入るなり、一斉に教師が近寄ってきたものだから、余計に不安が増す。


「家から連絡でもあったんですか?父に何かありましたか?」


答えを急ぐように必死に、早口で聞くと、先生方はみな、最奥の席に座る教頭先生の方を見た。

私もすぐにそちらに目を向ける。

すると教頭先生は首を左右に振った。


「良かった」


安心して肩の力が抜けた。


「それなら、いったい何なんですか?」


脱力しながら聞くと、「その前に」と教頭先生は前置いた。