好きなものを詰め込んだラムネ瓶の中の世界。

 透明な彼と過ごしたわずか数日の時間はラムネ瓶の中の世界のように幸せな日々だった。



***


 目が覚めると、彼がいなかった。
 今までが夢だったのだろうかと一瞬思ってしまう。でも彼と過ごした日々はちゃんと記憶に残っている。

「染谷くん……」

 窓を開けてベランダを覗いても彼はいない。
 幽霊になった好きな人と過ごした日々なんて、きっと誰かに話しても信じてもらえないだろう。

 霊感なんてないはずの私が唯一染谷くんの幽霊を視ることができたのは、お互い想い合っていたからなのか、落ちる直前に染谷くんが私のことを考えてくれていたからなのか、真実はわからない。

 それでも視えたのが私でよかった。透明な彼と過ごした時間はすごく大切なものだ。昨夜のことを思い出すと、嬉しさと寂しさが入り交じる。

 せっかく想いが通じ合ったけれど、彼は消えてしまった。正確にはおそらく元の身体に戻ったのだろう。けれど、幽霊の間の記憶は残らないと思うと話していた。

 私だけが知っているふたりの日々。
 窓際に置いてあるふたつ並んだラムネ瓶を眺めて、夢ではないと再確認する。彼は確かにここにいた。それでも一人ぼっちになると心にぽっかりと穴が空いたみたいに寂しくなる。


 溢れそうな涙を必死に堪えて前を向いた。
 あの時の出来事が消えてしまわぬように、指先でそっと唇を撫でる。

 忘れたりなんてしない。たとえ、彼が私との日々を忘れていたとしても、私だけはなかったことになんてしない。

 好きって言ったら記憶のない彼を驚かせちゃうかな。恥ずかしがるかな。

 いきなりだと信じてもらえないかもしれないから、少し仲良くなってからの方がいいかな。外から差し込む朝日を浴びながら目を閉じて彼との約束を思い返す。


 染谷くん、好きって言ってくれてありがとう。今度は私から好きって伝えに行くよ。



 ***


 日曜日が終わっても、球技大会があったため月曜日は振り替え休日だった。染谷くんは本当に元の身体に戻れたのだろうか。

 明日豊丘先生に確認してみるしかないかな。でも、もしも戻っていなかったら————彼がこのまま目覚めないなんていう可能性もあるかもしれない。そんなことを考えてしまい、不安と恐怖に身を震わせた。

 考えちゃダメだ。すぐに戻れるとは限らないんだから、おとなしく待っていよう。

 シナモンロールを食べながら、後ろ向きになりそうな自分の心をぐっと抑え込む。焦ってはいけない。自分にできることを考えて行動しよう。

 とはいっても、今日は予定もないし、休みなので先生に染谷くんのことを確認できない。


「朱莉、電話! ほら」

 リビングのソファでまったりとしながらテレビを観て過ごしていると、お母さんから電話を渡される。家の電話なんて久々に触った。今は携帯電話でしか連絡を取り合わないし、電話してくる人なんて滅多にいないはずだ。


「え、誰?」
「あんた、なにかしたんじゃないでしょうね」
「なにかってなに?」

 よくわからないまま不安になりながら電話を耳に当てる。