君と過ごした透明な時間

作品番号 1563538
最終更新 2019/10/01

君と過ごした透明な時間
恋愛・青春

78ページ

総文字数/110,324

ランクイン履歴:総合53位 (2019/07/30)

落ちる影は一つ。

けれど、隣には透明な彼がいた。




あらすじ
階段から落ちて意識不明になってしまったクラスメイトの染谷壮吾。
悲しみに暮れる朱莉の前に現れたのは、幽体離脱した染谷だった。その姿はなぜか朱莉にしか見えず、染谷は九月の記憶を失ってしまっていた。
ふたりは消えた九月の記憶を探し始める。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop