ぼくのなつやすみ 2回目!

作品番号 1561740
最終更新 2019/07/26

ぼくのなつやすみ 2回目!
四宮/著
恋愛・青春

2ページ

総文字数/11,741

なつやすみの宿題を今度はちゃんとまじめにするっていう約束で。
俺は2回目の小学校4年生の夏休みをすることになった。

懐かしい教室には当然エアコンなんかついてなくて。
窓は全開で蝉の声がうるさいくらい聞こえた。

朝顔の観察日記、夏休みの友、自由研究、読書感想文、ラジオ体操カード。
懐かしいなつやすみの宿題。
プール教室を終えて、急いで家に帰ると、用意されてた大好物だったカレー。
でも、2回目のなつやすみに大人の俺が課せられた夏休みの宿題は、上にあげた学校の宿題ではなかった。

学校の7不思議の解明をはじめ、赤猫の本を手に入れろなど。

僕が子供の時は気がつかずスルーしてしまった事件を解明をすること。
それが、大人の僕に課せられた、なつやすみの宿題だったんだ。


*表紙 フリー素材 クリエイター:LAYWさんからお借りしました。
あらすじ
なつやすみの宿題を今度はちゃんとまじめにするっていう約束で……
2回目の小学4年生のなつやすみをすることになった。

大人の俺が課せられた夏休みの宿題は、学校から出された宿題ではなかった。

学校の7不思議の解明をはじめ、赤猫の本など。

俺が子供の時は気がつかずスルーしてしまった事件を解明をすること。
それが、大人の俺に課せられた、なつやすみの宿題だったんだ。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop