私は自分の携帯を取り出す。
自分でも確認しようと思った。
日付を確認すると渚の言う通り、6月1日だった。

突然鳥肌が立った。

私は急いで小説アプリを起動した。

あの日に更新されたストーリーは、はっきりと覚えていない。
でもあの小説は数日前まで毎日更新されていて、私は毎日読んでいた。

私が知っているストーリーまで進んでいるかどうか確かめたい。

主人公が先生への気持ちを自覚したところだった。
それ以上は更新されていない。

でも私はこの先のストーリーを知っている。

先生から主人公に想いを伝える。
そして二人の秘密の恋が始まって完結する。

だが、ここにはまだ書かれていない……。


さっきまで蒸し暑かったはずなのに、寒気がし始めた。


だってやっぱり6月1日に戻ってるとしか考えられない……。

でもどうして、そんな非現実的なことが起こってるの……?

ワケがわからない……。

だって今日は6月25日のはずなのに……。