君が見たものを僕は知っている

作品番号 1558276
最終更新 2019/05/09

君が見たものを僕は知っている
恋愛・青春

2ページ

総文字数/ 6,799

運命に翻弄される2人の甘く切ない物語
あらすじ
幼いころ僕は交通事故により、意識不明の重体になった。しかし、奇跡が起こり僕は何ごともなく生活ができるまでに回復した。

幼いころ私の幼なじみで大好きな人が事故によって、生死をさまよっていた。私は公園の奥にある草原のサークルの中で、願いごとをすると一度だけ願いが叶うという都市伝説を信じ願った。
その願いが届いて、大好きな人は一命をとりとめた。しかし、その代償に私は‥‥。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop