行列に並ぶ事、約20分。


僕とマコトの二人は、ようやくくだりのパンケーキの店に入る事が出来た。



「あの、『幸福のパンケーキ』。

ネットで予約してるんですけど……」


二人掛けのテーブル席に座ると、マコトは店員にスマートフォンの画面を見せ、三時間ごとに限定20食と言われる『幸福のパンケーキ』を注文する。



感想から先に述べると、「幸福のパンケーキ」は絶品の一言であった。



「ヤバい!

想像していたのより、全然おいしい!」


マコトもパンケーキを食べた事により気を良くしたのか、いつもの饒舌ぶりを取り戻したようであった。



「機嫌、戻ってくれて良かった」


破顔したマコトを見て安堵した僕は、雲のように柔らかでありながら質量を感じさせるパンケーキをナイフで切り分け、生クリームを拭ったそれを一口食べる。



「うん、ふわふわしてる」


くどくなく、ほのかな甘味をもたらすパンケーキに、僕は舌鼓を打つ。



「メレンゲをホイップさせているから、こんなふわふわしてるんだって」


マコトは頬を緩ませながら言うと、エスプレッソを一口飲み、口内に残っている甘味をリセットさせる。



「でも、このタイプのパンケーキは、私。

いくつか食べた事があるんだけど、ここのパンケーキは本当レベルが違うって感じるよ。


ダメな店は、取り敢えずふわふわさせとけ、って感じでいい加減だから、何かパサパサしてるし、生クリームもクソまずいの使ってるから、二口食べたらもういいってなるんだよね」



「グルメなんだね、マコトさんは」


僕は口元を緩めると、お昼にラーメンを食べているのにも関わらず、それを忘れたかのように次々と切り分けたパンケーキを口に運んでいく。