スピカの涙

作品番号 1556111
最終更新 2019/08/08

スピカの涙
恋愛・青春

29ページ

総文字数/16,284



『どうか、ぜんぶもとにもどして』

瞬く星に願っても、あの子はもう戻ってこない。
そんなことは、言われなくてもわかっていた。

だけど、出会ってしまった。見つけてしまった。
ぼやけてかすんだ涙の向こう、天国にいちばん近い場所で。


私は、俺は、


届くはずのない光の中にいる、
あなたを見つけ、求めてしまった。


あらすじ
桜の雫が舞い落ちる春。恋した相手は、先生だった――。
転校して来たばかりの文学少女が学校の図書館の前で出会ったのは、隣のクラスの国語の先生。
恋心を押し殺す彼女と、誰にも言えない過去を抱える彼。
接点のなかった2人が、4年越しの数奇な運命に導かれていく。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop