「舞原(まいはら)、わたし……」


僕の目の前でたたずむ少女が、唇を震わせている。

とてもつらそうに。

いつも気丈な彼女が、こんな表情を見せるなんて。

彼女は高遠(たかとお)。

高遠きらり。

気丈で、負けず嫌いで、努力家の

僕の最愛のひと。

その高遠が、こんなにも儚く、頼りなく見えるのは

僕の、せいだ。


「舞原、ごめん。ごめんなさい。でも、わたし……わたしは……」


いいんだよ、高遠。

いや、むしろ僕は望んでいるんだ。

君が今から僕に告げるだろう言葉を。

『さ よ な ら』を。