暗闇の中、遠くのほうから一筋の光がこちらに向かって飛んでくる。そして、直撃した。
そんな風に、目が、覚めた。

瞼を薄っすら開けて、まばたきを数回繰り返す。意識が朦朧として、うまく思考回路が働かない。

ずっと、ずっと、長い夢を見ていた気がする。だけどどんな夢を見ていたのか、全然思い出せない。
ゆっくり、一回一回を噛みしめるようにまばたきを繰り返しながら、視界いっぱいに広がる天井を無意識に見ていた。

ここは、どこ……?
確認しようにも、身体が動かない。鉛のように重い。声も、出ない。


「っ、ゆり!ゆり……っ!?目が覚めたのね……っ」


母の声がした。かろうじて動く目線を横に向けた。そこには泣き崩れた母と、その母を支えるように立つ父がいた。


お母さん……お父さん……。
会えた喜びに、いっきに涙があふれる。そんなに離れていたわけでもないのに、どうしてこんなに顔を見ただけで嬉しいのかわからない。

父がそっと母のそばを離れ、部屋を出て行った。母は私の手を握り「よかった」という言葉を繰り返した。私はただ泣き続けた。


私は……生きている。


そしてしばらくして、慌ただしく部屋にたくさんの白衣を着た人たちが入ってきた。それを見て、ここが病院だったことを知る。

よく見ると、自分の腕には点滴が貼り付けられていて、包帯もグルグルと巻かれていた。
均一な電子音は、私の心臓の音を刻んでいた。どうやら私は一ヶ月半、眠ったままでいたらしい。


ベランダから飛び降りたのに、死ななかったんだ。
だけどなんでだろう?
私の心のなかには、微かな安堵感が広がっていた。