自称白雪姫男は、毒味の夢を見るか?

作品番号 1555168
最終更新 2019/05/14

自称白雪姫男は、毒味の夢を見るか?
恋愛・青春

42ページ

総文字数/25,631

僕の林檎齧ったの誰?

―――――――
自称白雪姫男
×
貧乏苦学生
―――――――


男は今日もパソコンを開くと画面をみて唱える『神様、神様、世界で一番イケテル男はだあれ?』

勘違い男は今日も、壊れたパソコンからラブレター(?)を書いて印刷してくる。
けれどこの男には途轍もない秘密があった。

※既存作品を5000字ほど加筆、修正しました。
あらすじ
副題「文系男がミステリアスなリケジョを口説くが次々に論破されていく事に快感を感じその姿をリケジョは水をあげなくても繁殖するハーブの草のよう邪魔だと拒絶。そんな二人の恋が上手くいくわけない」

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop