『21時のピアノ弾き』は、相変わらず毎晩新しい曲を奏でて、僕を楽しませてくれていた。
そんなある日、僕は移動の途中、車の中から思わぬものを見つけてしまう。
一見はヘアサロンやセレクトショップようにも見える店だが、表に立てられているメニューボードにはランチタイムの案内が書かれていて、そこがカフェなのだと教えてくれた。だが、僕がその店に目をとめたのは、なにもそこが洒落ていたからではない。
〖Hoffnung〗
店の看板に、そう書かれていたからだ。ドイツ語には詳しくないけれど、こんな簡単な単語ならば読める。あのコメント欄に投稿されていた、ホフヌングというカフェが、目の前に現れたのだ。いや、同じ名前のカフェは他にもあるだろう。ドイツ語で“望み”という意味だから、店の名前にはもってこいの言葉だ。それに動画のコメントでは、そのカフェの所在地までは書かれていなかった。ヒントとなるのはグランドピアノがあるということくらいで。彼女に会うつもりはなかったくせに、こんなにも近い距離に彼女の手がかりを発見してしまうと、心が騒いだ。
僕は車を止めてもらい、躊躇しつつも、店の様子をうかがった。邪魔にならないよう、端の低い位置から中を覗くと、もうランチは終了間際なのか空席が目立つ。そして肝心のグランドピアノは………店の真ん中に堂々と置かれていた。ここが、噂のカフェだったのか?どうしよう。本当に会う気はなかったのに、きっかけを拾ってしまった。戸惑いなのか動揺なのか分からないけれど心臓がドクドクドクとうるさくなったのは明らかだった。店に入るのか、このまま車に戻るのか、その選択をできずに固まっていると、不意に店の扉が外側に開いたのだった。
「どうもありがとうございました。お気をつけて」
「ご馳走さま」
「また来ますね」
店員らしき男性が若い女性二人組の客を見送るところだった。満足げに帰っていく女性達ににこやかに応対していた店員が、こちらに振り向いて、僕と目が合った。
「こんにちは」
感じのよさそうな人だった。
「…こんにちは。ランチはもう終わりですか?」
咄嗟にそう訊いていた。まだ店に入るかどうかも決めていないのに。
男性店員はにこやかなまま、「いえ、大丈夫ですよ。おひとりでよろしいですか?」扉を開いて押さえてくれた。
「はい、ありがとうございます」
僕はちょっと慌ててしまい、扉の前にある小さな段差につまづいてしまいそうになるが、ぎりぎりで堪え、店員が待ってくれている扉をくぐったのだった。
店の中は白を基調とした作りになっていて、置かれているテーブルセットは『21時のピアノ弾き』に映っているものと似ていた。天井が高く解放感あふれる中に、例のピアノが適度な存在感を主張していた。無理矢理置いたような印象もなく、白い床やテーブルといった周囲にもよく溶け込んでいて、もうずっと昔からそこにいたような雰囲気だ。大事に使われているんだな、そう思わせるピアノだった。
「どちらのお席にご案内いたしましょうか」男性店員が尋ねてくる。
僕が「じゃあ、ピアノの近くでも構いませんか?」と答えると、店員は「もちろん」と微笑んで、僕を案内してくれた。
「ピアノがお好きなんですか?」
僕の為に椅子を動かしながら気さくに話しかけてくる店員。僕以外の客は離れたテーブルにいる一組だけだったので、接客も、丁寧だけどのんびりしたものだった。
「ええ。聞く専門ですけど」
僕が返事すると、店員は何か閃いたような顔をした。
「それでしたら、もう少しお待ちいただけましたらピアノのバイトが来ますので、よろしかったら何かお聞かせしましょうか?もうすぐ来るはずなので」
ピアノのバイトと聞いて真っ先に思い浮かぶのは『21時のピアノ弾き』の彼女だった。僕は「ええと…」と一瞬答に迷ってしまったけれど、やはり彼女のピアノを直接聴いてみたいという想いを抑え込むのは無理だったようで
「ありがとうございます。楽しみです」
結局、素直に好意を受け取ることにしたのだった。もし、ここがコメントにあったカフェなのだとしたら、この後彼女のピアノが聞けるかもしれない。そう思うと、全身が震えてくるようだった。僕は溢れそうになる期待を胸に閉じ込めて、サンドイッチセットを注文した。店員がさがってから、お手拭きを広げ、店内をさらっと見回す。そして最後に視線が留まるのは、ピアノだった。それは『21時のピアノ弾き』に映されているピアノと同じメーカーのものだった。
「ピアノ、気になりますか?」
調理場にオーダーを伝えに行っていた男性店員が、店に戻ってくるなり僕の視線に気付いて尋ねてきた。
「いえ、気になるわけでは……」
ピアノが気になるというよりも、このピアノを弾く人物が気になっているのだけど。僕はピアノから男性店員に顔向かせて言った。「これ…有名なピアノですよね」
「よくご存じなんですね。外国の一流ブランドのピアノだそうです。と言っても、いただいたものなんですけどね」
彼はピアノとは反対側にあるカウンターの中で僕の注文したサンドイッチセットに付いているアイスコーヒーを作りはじめていた。カコンカコンと氷が不規則にグラスにぶつかる音が響いてくる。
「何かリクエストがあればお受けいたしますよ?」楽しげに提案してくれた。
「いえ、お仕事の邪魔になってしまうのは申し訳ないので…」
「大丈夫ですよ。ディナーで弾く前に、ランチが終わってお客さまの少ない時間に練習してるだけですから」
遠慮した僕に店員は親切に説明してくれる。すると奥のテーブルについていた客が席を立った。「ありがとうございました」店員はその客を会計のカウンターまでエスコートした。そして店内の客は僕ひとりになった。