監査委員会の活動室は、今日も相変わらず平和だった。廃棄されていたのを勝手に持ち込んでベッド代わりにしているソファーには、活動室の長である監査委員長の田辺先輩が寝転んでいた。


「ちょっと先輩、寝ないで仕事してください!」


 初夏の風に吹かれて、気持ちよさそうに眠る田辺先輩を揺さぶって起こす。柔らかそうな前髪が風に吹かれ、ドキッとするような彫りの深い顔立ちが現れた。


「花菜、もう少し先輩には優しくしろっていつも言ってるだろ」


 起こされた不満を切れ長の目に滲ませて、田辺先輩が睨んでくる。その瞳に、怖いというよりも息苦しさを感じた。


「先輩を優しくしたら、監査委員会は本当に潰れてしまいます。だから、優しくされるのはいい加減諦めてください」


 鼓動の乱れに気づかれないように、あえて冷たく突き返す。もう一年以上続くやりとりだけど、私はこのやりとりが好きだった。

 私が通う高校には、生徒の自主性を尊重するという校風がある。

 その最大の特徴は、生徒間で起きたことは生徒で解決するというものだ。

 どんな内容であっても、先生は例外を除いて関与しない。生徒が決めたことであれば、黒が白になっても問題なしというのが、校風の基礎になっている。

 その校風を実現する為に、生徒会を筆頭として、規律を取り締まる風紀委員会と規則を取り締まる監査委員会がある。

 どちらも生徒会の両翼を成す重要な組織であり、生徒からも一目置かれる存在だ。


 ――だけど


 私はちらりと田辺先輩を見てため息をついた。

 監査委員会が生徒に恐れられていたのは過去の話で、田辺先輩が委員長になってからは、もはや機能しているか怪しかった。

 しかも、田辺先輩は二年生の時から委員長に抜擢されているけど、それも委員長になる人がたまたまいなかったからだ。

 おかげで、『繰り上げ委員長』と揶揄されたり、あまりにも仕事をしないことから、幽霊委員会と陰口を叩かれることもあった。


「さ、仕事しますよ」


 再び寝転がり始めた田辺先輩の耳を引っ張って起きあがらせた。不名誉は仕方がないけど、でも、本当はそうじゃないことを私は知っている。

 たまに見せる鋭い目つきと推理。その横顔に、私は一瞬で好きになってしまった。

 だから、みんなが辞めていくなか私だけは監査委員会に残った。

 理由は一つ。

 絶対に、田辺先輩の活躍をみんなに認めてもらいたかったからだ。