食事のスパイスは勘違い?

作品番号 1554832
最終更新 2019/04/18

食事のスパイスは勘違い?
恋愛・青春

1ページ

総文字数/4,287


料理ができない男女。もっぱら食事のスパイスは隣からの匂いだった。

隣からの料理の匂いが気になってしまう。

古いアパートでの日常。
仕事から帰って来て、自分は疲れて、弁当やカップ麺を食べているのに、隣からは毎日いい匂いがしてくる。
これが拷問じゃなくて、何を拷問というのだろうか?

料理ができない二人は、お互いの事を勘違いしている事を知らない。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop