思い出の味

作品番号 1554818
最終更新 2019/04/18

思い出の味
ヒューマンドラマ

1ページ

総文字数/1,376


 美味しそうに僕の大好きなホットドックを食べながら歩く姉さん。

 僕には、双子の姉さんが居る。
 双子だと思っていた姉さんだ。

 いつものように、ホットドックを買って、2人で食べる。
 そして、食べ終わったら教会でお祈りを捧げる。

 僕と姉さんの日課だ。

 僕の大切な姉さん。
 僕がこんなに心配しているなんて気がついていないよね。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop