本屋のお向かいの多島くんと私について

作品番号 1554737
最終更新 2019/04/18

本屋のお向かいの多島くんと私について
恋愛・青春

13ページ

総文字数/10,548

ランクイン履歴:総合31位 (2019/05/30)

『きっとお兄ちゃんが引き合わせてくれたんだ……』

私のバイトしてる本屋さんのお向かいには、お弁当屋さんがあります。
そこでは、ちょっと不器用でぶっきらぼうなお兄さんがバイトしています。
でも、いい人ですよ?

多島くんと私シリーズ 一作目です。

※四作目 https://novema.jp/book/n1554964
 三作目 https://novema.jp/book/n1554913
 二作目 https://novema.jp/book/n1554785 

※多島くんと私 タグで検索してください。
あらすじ
商店街の書店でバイトする女子高生・由希乃と、その向かいの弁当屋で働く青年・多島くんとの、二人の出会いから恋人になるまでの短編です。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop