あの日見た空

作品番号 1554711
最終更新 2019/04/18

あの日見た空
ヒューマンドラマ

1ページ

総文字数/7,751

 私は上司を尊敬していた。そんな上司が最後に見た空はどんな色だったのだろう

 私はシステム屋だ
 今の部署に配属されるまでは、システムエンジニアの肩書を貰っていたが、それがすごく恥ずかしい。

 上司は、尊敬できる人だ。

 私は、自宅謹慎中を会社からいわれている。
 別になにか不祥事が有ったわけではない・・・はずだ、新聞に載ったから不祥事に鳴ってしまうのかもしれないが・・・。

 私は、尊敬する上司を失った。

目次

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop