Slowly but Surely ゆっくりと。でも確実に。

作品番号 1554693
最終更新 2019/05/11

Slowly but Surely ゆっくりと。でも確実に。
ヒューマンドラマ

21ページ

総文字数/15,441

素敵な表紙絵は支紅様に描いていただきました。


◇ A side(現代)


 二十一歳の俺は、上草朱火《うえぐさあやび》というペンネームを使い【小説投稿サイト:カラーノベル】で小説を投稿している。


 小説家。書籍化してプロデビュー。

 それは俺の夢であり、目標。叶えたい〝約束〟だ。


 近々、カラーノベルで【恋愛・青春小説大賞】という賞の募集が始まる。

 書籍化の可能性があれば挑戦したい。

 ただ、ちゃんとした恋愛小説なんて書いたことがなかった。

 でも……


 ー 朱火君。〝忘れられない初恋〟ってある? ー
 

 作家仲間のまよるからヒントをもらったんだ。

 そして俺は、あの初恋の記憶を小説にする。そう決めた。



◆ B side(過去)


 俺は子供の頃から物語が好きで、小説を書く習慣があった。

 人に読んでもらえるような出来ではないと自覚し、誰にも読んでもらうことはなく自己完結していた。


 だけど、高校一年の春。


 クラスで一緒になった女子。美山彩希《みやまいろみ》。

 変わったやつ。妙に俺に絡んでくる。
 

 ー 読ませて。机に隠してるんでしょ? ー


 唐突に彩希がそう言ってきた。

 俺は自作の小説を読ませることになった。


 このことが、俺のターニングポイントだった。




【主要登場人物】

★ 真中萩《まなか しゅう》/PN:上草朱火《うえぐさあやび》 
  21歳(過去:15歳)。
  フリーター。
  ウェブ作家(ランキング圏外。底辺作家)

☆ 寺内さくら《てらうち さくら》/PN:まよる
  20歳。
  大学二年生。
  ウェブ作家(青春小説部門 ランキング10位圏内)

☆ 美山彩希《みやま いろみ》
  21歳(過去:15歳)。
  ???

★ PN:雨傘レン《あまがさ れん》(本名不明)
  18歳。
  小説家(暁文社《ぎょうぶんしゃ》新人文学賞受賞。他二作書籍化)
あらすじ
 プロの小説家を目指すウェブ作家、上草朱火《うえぐさあやび》。プロになりたい。そのこだわりには大きな理由があった。そして、プロになる為、ある小説大賞への応募を決めた朱火。テーマは「恋愛」。過去の〝忘れられない初恋〟を元に恋愛小説を書く。しかし、執筆する中で朱火の気持ちは……
 現在(A side)と過去(B side)が交差する物語。若手クリエーターたちの苦悩。そして恋。バカみたいに青臭く、儚い。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop