不釣り合いで不恰好な恋の行方。

作品番号 1554507
最終更新 2019/04/17

不釣り合いで不恰好な恋の行方。
恋愛・青春

2ページ

総文字数/3,140

ランクイン履歴:総合93位 (2019/06/05)

私たちの出会いは“普通”じゃなかった。

だって出会う確率はゼロに等しい……

そんな私たちが出会えたのは、

運命か、必然か……


⑅︎∙︎˚┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎˚∙︎⑅︎

「私は、普通じゃないから」
神城 結華 Yuika .K

×

「俺はキミたちのことが嫌いだった」
白濱 一葵 Itsuki .S


⑅︎∙︎˚┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎˚∙︎⑅︎


迷って、もがいて、

それでもキミといる道を選ぶ。


不釣り合いでも、

不恰好でもいい……。

君さえ隣にいてくれさえいれば私は、それだけで幸せだから。



目次

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop