桜の蕾がほころぶ、その時に。

作品番号 1554495
最終更新 2019/07/01

桜の蕾がほころぶ、その時に。
恋愛・青春

69ページ

総文字数/21,007

ランクイン履歴:総合1位 (2019/05/29)

君はいつも一人で

君はいつも無言で


何を考えているのか全くわからないけれど



いつか俺に話しかけてくれたらなんて


そんなことを思いながら



今日も俺は君の隣にいる




出会いは、ちょうど桜のつぼみが綻ぶ、そんな時期だった。





あらすじ
高校二年生になったばかりの春は、容姿もよくて、勉強もでき、スポーツも万能のため、よくモテていた。
しかし、彼は今まで"何となく"告白されて付き合い、"なんとなく"勉強して進学校へ進み…
全てを"なんとなく"で過ごしてきた。
そんな彼の生活は、ある女の子との出会いで一変する。
その子は、全く声を発しない不思議な子だった…。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop