乙女の足跡

作品番号 1554489
最終更新 2019/04/17

乙女の足跡
ホラー・パニック

7ページ

総文字数/7,869

その家は、代々その家に仕えるというしきたりがあった。


これで、本当によかったんですか?

家のしきたりを守るということは、家を守るということでございます


大きな屋敷に、黒い影。


物音がしたり、物がなくなったり

誰かに見られているような視線も感じたことがございます


春の風と共に、二人の生活が始まった。
あらすじ
私の勘違いかも知れませんが……時々、気配がするのです。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop