見えない手

作品番号 1554418
最終更新 2019/04/17

見えない手
ホラー・パニック

1ページ

総文字数/ 8,370

 僕の住んでいる町では不思議な儀式が残されている。

 古くから伝わる儀式には、いろいろな噂がある。

 大人たちは、今年は何かが違ったという。あとからならいくらでも言えることだ。

 今日、僕はその儀式を受ける子供の一人だ。

 何のことはない。海に飛び込んで、船の下を潜ってまた船に上るだけの事だ。

 本当に・・・・それだけのはずだった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop