翼をなくした天使達

作品番号 1324185
最終更新 2019/06/19

翼をなくした天使達
恋愛・青春

197ページ

総文字数/ 113,883




もし私に翼があったなら
空を飛んで自由になりたいなんて
願わなかった。


私が願うのはただひとつ。


「こんな世界消えてしまえ」

そう思って踏み出した1歩。
その先にあったのは――。



《スターツ出版文庫大賞応募作品》
8月11日公開


藤宮 彩恋様。

*素敵なレビュー有り難うございました*


この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

屋上で現実に戻ろうとした時に蒼井が「紺野、頑張れ」と言っていて、それがものすごく素敵だなと思いました!

いじめを助けるのは勇気のいることで助けても自分がターゲットになってしまったりと複雑だなって思いました。

やっぱり永良サチさんの言葉の表現がすごく好きです!心にすとんっと何かが落ちてきて、この作品を読むのは2回目ですが続きが気になって一日で読んじゃいました笑

この作品に出会えて良かったです!

2020/03/04 23:37

白瀬尚美様

わわ、嬉しいお言葉の数々ありがとうございます!!自分の言いたい事を言うって実は一番難しいですよね。私もけっこう悩んでしまう方なので(笑)この作品を書きながら学ぶ事はたくさんありました(^-^)

別の世界で謝罪も何もなかった長谷川さんですが現実での絡みをどうしても入れたくて最後のあの場面にしました★

いつも作品を完結させると面白いのかどうなのかとても不安なのですが、こうして素敵な感想をいただけるととても励みになりますし、これからも頑張れます!

本当にありがとうございました!!

2016/08/14 01:45

この作品のかんたん感想

すべての感想数:21

この作品をシェア

pagetop