理想の結婚~カタブツ干物女子のおひとりさま奮闘記~

作品あらすじ

某T大学卒で、一流商社に勤める紺子。学歴は高いが恋愛偏差値の低い筋金入りの干物女子。ある日、人事部の冷酷無慈悲な完璧イケメン・怜二に片田舎の店舗へ左遷を命じられる。キャリアを失いショックを受ける紺子だっだが、不屈の精神で新天地でも奮闘する。でもその矢先、慣れない仕事で大きなミスを犯し悔しくて泣いてしまう。涙する紺子を優しく慰めたのは、あの冷酷なはずの怜二で…。そんな中、友人の結婚式にパートナー同伴で出席を求められ困る紺子。そこで怜二はある条件付きで、偽装婚約者になると言い出して…!?

作者コメント

はじめまして、白石さよと申します。今回は私の大好きな嫌味男と干物ポンコツ女子の組み合わせです。ヒロインは大手総合商社のファッション部門に勤務する仁科紺子。完璧に見えて実は合コンで男性が寄り付かない「海割り女」。仕事だけが誇りの紺子が埼玉辺境の弱小スーパーに左遷されるところからお話は始まります。その奮闘を見守るのは人事部の嫌味男、北条怜二。紺子の成長と恋(になるのか?)を見守っていただけますように。

~PROFILE~
白石さよ

兵庫県出身、埼玉県在住。2016年に「優しい嘘」(エブリスタWOMAN)でエブリスタ小説大賞年間グランプリ受賞。現在は仕事・母親・主婦業をこなしつつ、四匹の猫たちに邪魔されながら執筆している。著書に『蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~』『溺甘アンソロジー2 極上オフィスラブ』(スターツ出版)『不器用な唇One more kiss』(ガブリエラブックス)『強がりなバタフライ』(エブリスタWOMAN)などがある。

pagetop