交換ウソ日記3~ふたりのノート~

作品あらすじ

周りに流されやすい美久と、読書とひとりを好む景は、幼馴染。そして、元恋人でもある。だが高校では全くの疎遠だ。ある日、景は自分を名指しで「大嫌い」と書かれたノートを図書室で見つける。見知らぬ誰かに全否定され、たまらずノートに返事を書いた景。一方美久は、自分の落としたノートに返事を書き込んだ誰かに興味を抱き、不思議な交換日記が始まるが…その相手が誰だか気づいてしまい!?ふたりは正体を偽ったままお互いの気持ちを探ろうとする。しかしそこには思いもしなかった本音が隠されていて――。

作者コメント

こんにちは、櫻いいよです。「交換ウソ日記」シリーズ第三弾を連載させていただくことになりました。今作はW主人公で、男女の視点でウソ時々本音の交換日記をやり取りしてもらいました。今までの2作を応援してくださった方はもちろん、シリーズ未読でも大丈夫ですので、はじめましての方にも楽しんでいただけたら嬉しいです。

~PROFILE~
櫻いいよ(さくらいいよ)

大阪市在住。2015年、スターツ出版文庫創刊を飾った『君が落とした青空』は累計16万部を突破し、映画化が決定(2022年初春ロードショー)。SNSで大反響の『交換ウソ日記』シリーズは累計36万部を突破し、コミカライズ。ほか『きみと、もう一度』『飛びたがりのバタフライ』『星空は100年後』『1095日の夕焼けの世界』『そういふものにわたしはなりたい』『きみの知らない十二ヶ月目の花言葉』(いぬじゅん/櫻いいよ)など人気作を続々刊行(すべてスターツ出版)。近著に『アオハルの空と、ひとりぼっちの私たち』(集英社)などがある。

書籍情報

2021年10月28日発売

スターツ出版文庫から書籍化!!

『交換ウソ日記3~ふたりのノート~』

櫻いいよ/著

pagetop