夜叉の鬼神と身籠り政略結婚 二 ~花嫁は夜叉姫を宿して~

作品あらすじ

愛を知らずに育ったあかりは、一夜の過ちから鬼神の顔を持つ上司・柊夜の子を身籠もる。ただの政略結婚のはずが、あかりと一歳になったユウの可愛さに、最強の鬼神も溺愛夫(パパ)に豹変!? そんな中、柊夜のライバルの鬼神・神宮寺が夫婦に忍び寄る。柊夜はあかりのためにサプライズで結婚式を用意するが、その矢先ユウがさらわれて…。ユウのため、生贄花嫁として身を差し出そうとするあかり。しかし、彼女のお腹には新しい命が宿っていて――。「きみを永遠に守り抜く」愛の先にあるふたりの運命とは?ご懐妊シンデレラ物語、第二弾!

作者コメント

こんにちは、沖田弥子です。『夜叉の鬼神と身籠り政略結婚(二)~花嫁は夜叉姫を宿して~』を、シリーズ第二弾として連載させていただくことになりました。無事に出産して子育てライフを送るあかりですが、夜叉と羅刹という性悪イケメンに挟まれ、またもや懐妊して波乱が巻き起こります。溺愛ラブストーリーを、お楽しみいただけましたら幸いです。

~PROFILE~
沖田弥子(おきたやこ)

山形県在住。2019年「みちのく銀山温泉 あやかしお宿の若女将になりました」でアルファポリス第2回キャラ文芸大賞を受賞し、作家デビュー。連載作品の第一弾にあたる「夜叉の鬼神と身籠り政略結婚~花嫁は鬼の子を宿して~」が大ヒット中。読者の心を魅了するヒーローと、共感性の高いヒロインには、多くの支持が集まる。

書籍情報

2021年6月28日発売

スターツ出版文庫から書籍化!!

『夜叉の鬼神と身籠り政略結婚二~奪われた鬼の子~』

沖田弥子/著

pagetop