恋する金曜日のおつまみごはん

~心ときめく三色餃子~

作品あらすじ

仕事一筋、女子力ゼロな干物女子・充希は、行きつけの居酒屋でご飯を食べることが唯一の楽しみ。しかしある事情で店に行けなくなり、自炊するも火事寸前の大惨事に。心配し訪ねてきた隣人はなんと社内屈指のイケメン後輩・塩見だった。実は料理男子な彼は、空腹の充希を自宅に招き、特製の『おつまみごはん』を振る舞ってくれる。充希はその特別な美味しさに癒され、いつの間にか彼の前では素の自分でいられることに気づく。その日から“金曜日限定”で彼の家に通う不思議な関係が始まって…。

作者コメント

こんにちは、栗栖ひよ子です。今回の連載は、お疲れ干物女子がイケメン後輩に毎週おいしいおつまみを作ってもらうという、女性の夢と憧れを詰め込んだ作品になりました。お酒が飲める人でも飲めない人でも楽しめる『おつまみごはん』は、毎週注目していただきたいポイントです。主人公・充希の悩みに共感しつつ、『胸キュン』と『おいしい』をぜひぜひ両方味わっていただけたらうれしいです!

~PROFILE~
栗栖ひよ子

茨城県在住。2018年『菓子先輩のおいしいレシピ』で「小説家になろう×スターツ出版文庫大賞」特別賞を受賞し、書籍化デビュー。著書に、『こころ食堂のおもいで御飯~仲直りの変わり親子丼~』『こころ食堂のおもいで御飯~あったかお鍋は幸せの味~』(スターツ出版文庫)『ポンコツ女子、異世界でのんびり仕立屋はじめます』(ベリーズ文庫)などがある。優しさと温かさに満ち溢れた作風は、読者の心を解き、涙を誘う。

pagetop