この雨がやむまで、きみは優しい嘘をつく

作品あらすじ

「明日、雨が降ったら死のう」 絶望してた。――君に出会うまでは。

母子家庭で育った倉木は、病気の妹の治療費のために野球をやめ、無気力に生きていた。そんなある雨の日、「あなたを買いたいの」とクラスメイトの美少女・春野に告げられる。彼女は真顔で主人公の時間を30万円で買うと言うのだ。なぜこんな冴えない自分を? 警戒し断ろうとした倉木だが、妹の手術代のことが浮かび、強引な彼女の契約を受け入れることに…。しかし、彼女が自分を買った予想外の理由が徐々に明らかになっていきーー。ラスト彼女の秘密を知ったとき、切ない涙が溢れる。痛々しいほど真っ直ぐで歪な純愛物語。

作者コメント

こんにちは、此見えこです。はじめての特別連載、緊張しますが、とてもうれしいです!

今作は、元クラスメイトの女子に、三十万円で一週間分の時間を売ることになった男子高校生のお話です。お金でつながったふたりのちょっといびつな恋のお話ですが、しだいに変化していく関係性と、ふたりの迎える結末を見届けていただけるとうれしいです。

~PROFILE~
此見えこ(このみえこ)

福岡県在住。幼少から執筆活動を始める。2020年「きみが明日、この世界から消える前に」でエブリスタ小説大賞×スターツ出版文庫大賞の大賞を受賞し、書籍化デビュー。同作が10万部を突破し『読書メーター』読みたい本ランキング1位を獲得。月刊ComicREXにて「僕の彼女は僕のことが好きじゃない」がコミカライズ連載中(一迅社)。著書に「今夜、きみの涙は僕の瞬く星になる」「僕を残して、君のいない春がくる」(スターツ出版)がある。

書籍情報

2022年5月28日発売

スターツ出版文庫から書籍化!!

『この雨がやむまで、きみは優しい嘘をつく』

此見えこ / 著

pagetop