切ない青春ストーリーから、ドキドキの大人恋愛まで、幅広い人気を誇る作家・春田モカさんの書き下ろし作品。

ノベマ!でしか読めない特別連載をお届けします。

真夜中の植物レストラン

作品あらすじ

同じ会社に勤めるイケメンエリートSE・草壁の家に、ひょんなことからお邪魔する羽目になった大食いOLの菜乃。無口な草壁の自宅は、なんと植物園のごとく草花で溢れかえっていた。祖母が経営していた花屋をレストランにしたと言う草壁は、香草や野菜を使った絶品料理を作り、隣のマンションの住人をお客として巻き込み、毎週金曜の真夜中だけ植物レストランを開いていたのだ。なりゆきでお店を手伝うようになった菜乃は、草壁と接するうちに、特別な感情が生まれてきて…。

作者コメント

こんにちは、春田モカです。今作品は「仕事帰りに立ち寄れるこんなお店あったらいいな」という妄想から生まれました。舞台の三軒茶屋に住んでいたこともあり、懐かしみながら楽しんで書いていました。読者の皆さんにも、「植物×美味しいご飯×無口なイケメン」が詰まった、真夜中・金曜営業の植物レストランを楽しんで覗き見て頂けましたら幸いです!

~PROFILE~
春田モカ

埼玉県出身。2008年に『君がほしかったもの/★ワケあり婚★』でiらんど大賞2008ケータイ小説部門シーズン1優秀賞を受賞しデビュー(KADOKAWA刊)。2014年に『呉服屋の若旦那に恋しました』で第2回ベリーズ文庫大賞の優秀賞を受賞し文庫化(スターツ出版刊)。近著に『半透明のラブレター』『きみに、涙。~スターツ出版文庫 7つのアンソロジー①』『いつか、君の涙は光となる』(すべてスターツ出版刊)がある。ファンからの絶大な支持を誇る。

pagetop