ルビ機能について

ルビ機能とは?

ルビとは、文字の上部に表示される小さい文字のこと。

ルビ機能とは、文章内の任意の文字に対して、ふりがなや通常とは異なる読み方を示すことができる機能です。

ルビを振るには?

方法①:ご自身で入力する方法


ルビを振る文字の始めに【|】(縦線)、終わりに【《 》】(二重山括弧)を入力し、ルビを【《●●》】(二重山括弧)内に入力します。

※ページ上部のルビ挿入ボタンを押すと、|《ルビ》が挿入されます

※|(縦線)は全角、半角どちらでも問題ございません


入力例:これはとても美しい|薔薇《バラ》ですね


方法②:ページ上部のルビ挿入ボタンを使用する方法


作家メニュー→【作品編集】→【本文】で、ページを編集する際に「ルビ挿入」ボタンが表示されます。


本文内でルビを振りたい文字を選択して(PCではマウスのボタンを押したままマウスを動かし選択)、選択した状態で「ルビ挿入」ボタンを押すと、ルビが挿入されます。


入力後、【《ルビ》】となっている部分を、表示したい文字に変更してください。

pagetop